全日本トライアスロン皆生大会

 みんなが憧れる皆生大会!もう最高といわんばかりにバイクを踏んでいた約50K地点。一つの曲がり角から坂道へ差し掛かった時異変が、、、後ろはいないはずなのに振り返るといっぱい選手が、ここで女子のトップに抜かされることに。

 おかしい?足が動かない!と思っていたところ猛烈な暑さを感じ、汗が全く出ていないことに気づく!これって熱中症?と思うがどんどん後続の選手に抜かされていく。約70キロ地点から悪夢の始まり、、繰り返しにやってくるケイレンと異様なまでの心拍の上昇!いつリタイアを宣言しようかと何度と立ち止まる。初めての経験だけど地獄でした。

 折り返し地点で完全に足を止めて倒れる!ここで休憩をしてもう一度レースへ。対面からまだ多くの選手がやってくるではありませんか。みんながんばっているのだから完走はしないとと勇気づけられるがペースはサイクリング。しかも運動することが苦痛でたまらなかった。

 失礼だが体格のいい年配の方やちっちゃな女の子にも抜かれてしまい精神的にも悔しかった。「何しょん」と抜いていった祭男さんから「ムリせんように」と。

 トランジットで待ってていてくれた祭男さんと「制限時間内には帰りましょう」と約束してランスタートへ。全身ケイレンを経験した体にとっては今考えれば無謀でした。10キロ手前から歩き出し全く走ることが出来なくなりました。祭男さん、タケッチさん、ウッキーが心配してくれましたが限界でした。ヒゲダンディーの江○さんは気づいてくれませんでしたが?

 結果はランのハーフポイントで棄権!いや~バイクでは救急車で搬送されたい状況でしたので当分暑い中のレースはこりごりです。
 

  
[PR]
by joynable | 2008-07-22 23:42 | トライアスロン

Enjoy Myself


by joynable